慶長元年丙申(1596年)浄土宗僧侶白蓮社白誉稱往上人、稱往院を江戸湯島に創建し、一心山稱往院極楽寺と号した。明暦3年の大火で寺は消失し、浅草芝崎村に移った。その後、関東大震災で御尊体は消失したが、当時の住職が如来の御仏頂尊を取り外し難を逃れた。脇士に観音、勢至の2菩薩を安置する。大正12年9月1日の関東大震災で堂宇すべて消失し、昭和2年8月に現在の地に移転した。名墓、宝井其角の墓と宝晋堂・句碑、蕎麦禁止の石碑などがある。  
  【宗派】浄 土 宗
【本山】知 恩 院
【住所】北烏山5−9−1
 
 
   
 
  寺町に、その居を構える寺院をご紹介しています。 上記のボタンをクリックしてください。